りんごのかたち

くだらない人間が書く幸せになる方法

社会の使命

 第一次産業から第三次産業へ、代表的な産業は移り変わっていった。そして今やAIやRPAの導入が進み人の仕事はますます奪われていくと予想される時代となった。

 そんな中で、働き方を改革すべし、や、生き残りたいのなら努力せよ自分を変えよ、それが正しくそうでないものは怠惰であり、どうなってもその人の責任なのだという語調の人も多い。

 優秀な人材であるよう自分を磨けと叫び、うまくできない者はもうこの社会におよびでないのだと言われる。

 そのうまくできない者の中には、もともと大変優秀であったにもかかわらず、「出る杭は叩かれる」「優秀な者に自信を持たせることを良しとしない」ようなことを押し付けられ、自ら優秀さを抑圧し、できない人になってしまった人もいる。

 優秀な学生を見て、「邪見」により謙虚であれと叫び、その将来には、優秀な者以外はいらないという矛盾した社会。

 また、仕事は多少遅くてもまじめで心優しい人のための仕事は今はもう少なくなってきている。逆に、人を蹴落としてものし上がっていくような人間だけが生き残っていく。そしてそんな人も、そうではなくてもなんとか勤めてきている人も精神をボロボロにしながら働いている。

 

 

 そういったことに、ポジティブなイメージを押し付けて、今までの働き方を改善せよといっているように思う。

 そもそも残業問題にしても、上司が残っているから帰れない(そしてその分も給料がつく)という会社がそんなに多いのだろうか。業種からか私が過去勤めたどの会社も、無駄な残業をしている人はいなかったし、無駄に残っていたとしても給料はでなかった。それにだらだら仕事をして残業代を稼ごうという人もいなかった。だが社会全体では残業=無駄な残業、残業=悪とされ、身を粉にして残業した対価さえ支払われないことを正義とする風潮になってきた。

 

 少し横道にそれてしまったが、話を戻すと、これからは多くの職がロボットなどに奪われていくから、食っていきたいなら、これまでの怠惰を改めて、機械でもできるような仕事ではない高度な技術、知識を身につけよ、ということなのだが、

10の努力で100出来る人がいれば、

いくら創意工夫し知恵をしぼりつつでも、100の努力で10しかできない人もいる。(おそらく日本の教育ではその問題は顕著になるだろう。)

 学生時代に自分を磨こうにも、それを阻む障害は実に多く、子供のころからつまづいてしまう人も大勢いる。

 

 本来社会というものの果たすべき使命には、優秀ではない人間もまともに働ける場所を確保するというものがあるはずだった。

 どんな大人の問題があろうと、効率は落ちてもあえてロボットではなく人間を採用するということを、本当はしなけければならない。

 それを忘れて無能な人間を叩いて排除するようになったら、国というものも存続しがたくなるのではないだろうか。

無理解に多用される引き寄せの法則

私がこのブログで語ろうと思っているのは「インナーチャイルドの癒し」など
と言われるものである。

インナーチャイルド、内なる子供。これはスピリチュアル分野の専門用語ではない。もっともハイアーセルフの話までいけばスピリチュアル色が強くなるものだが、嫌いならハイアーセルフなどは考えなくても問題ない。スピ系嫌いの人にも有用な、人にとって根本的な方法なのだ。

インナーチャイルドの話の前に、引き寄せの法則というものについて少し話そうと思う。

引き寄せの法則として紹介されている方法のほとんどは、良い方法ではないように思う。

例えばこのような
・嫌なことがあっても、「ラッキー」「ついてる」を口癖のように唱えよ。怒ったり、愚痴や批判を言ってはいけない
というもの。

嫌なことがあっても、ラッキーなどと思うとか、怒らないというのは、
ここで便宜上「魂(たましい)」とでも言っておくが、この魂の奥底からそう思えるのならば良いかもしれない。
しかし実際にはそれは無理な事なのだ。
これは人間が、自分が嫌な状況では真の力を発揮できない生き物だからだ。

こういうことをしていると、良いことを引き寄せるのではなく、人の脳の奥底にあるかのような魂は「自分はそういう嫌なことをされてもいい人間なんだ」と学習してしまう。

嫌なことがあって当然なのだと魂に刻み込んでしまうのだ。

ここで引き寄せの法則が動くとすると、逆に嫌なことを引き寄せてしまう。
人にされて嫌なことなどは、怒った方がよい。無論、人間関係を保ちたいなら加減はした方がいいだろうが…(怒っているんだと伝わるだけでも充分な場合は多い。)

引き寄せの法則を有効的に働かせるには、自己のベースが整っている=インナーチャイルドが癒されている=自分は幸せになるべく存在であると魂の奥底から確信している、という事がまず必要と言える。

また、前の記事でも触れたが、インナーチャイルドを癒すと心が満たされ、かりそめのもので心や欲を満たそうとする必要がなくなる。

そうなると、引き寄せの法則の、失敗ケースとなるような、本来欲しいものでは無いものを望むということもなくなってくる。

また、インナーチャイルドを癒すと、引き寄せの法則などでわざわざあれこれ望まなくても、自然と自分が幸せな状態を引き寄せているといえる状況になる。

マナー そんなふうに思うなら無いほうがいい

マナー(ここでは気遣い的な意味ではなく、礼儀作法などの決まった様式の意味)というのは基本的に自分の為だけに使うものと思っている。自分の為というのは、一つには「相手に気持ちよく過ごしてほしい、思いやりをもって接したい、でも自分でいちいち考えて行動するのは大変だし、人によってとらえ方も違うから決まったものがあれば便利だ」というような理由。また、自分をよく見せる、目上の人などの評価を得るために様式化されたものを使う、という場合も考えられる。どちらも自分がマナーという様式を使いたいから使うということだ。

もっとわかりやすく言えば、「マナー(を守れ)」という言葉は自分に向けてだけ使うものだと思っているということだ。だから、他人がマナーに沿わない行動をとっていたからと言って、あの人はマナーを知らないなどと批判するのはおかしいと感じている。

自分に不利益を被るような場合は怒ってもいいと思うが、マナーがなってないとか、しつけをされてない等の罵り方をするのは違うと思っている。

 

過去にツイッターで、ある料理の写真について、魚の頭の向きが違う!とか、汁物の位置が逆!ということで多数のコメントが付いたものを数件みたことがある。そのたくさんのコメントをみているとげんなりしてしまったのだが、自分はちゃんとしつけられたから違っていると気持ちが悪い、とか、教科書にものっているのにちゃんと勉強しなかったの?とか、まあその配膳をした人をたたくようなコメントが沢山よせられていたのだった。

 

私はいまだかつて料理店などでの料理の配膳をみて、これがおかしいとかあれが違うとか、思ったことは一度もない。そもそも左利きなので、右利きの人が食べやすいようにしてあるんだろうなくらいは思っていたが、食べにくく感じてもそれは自分が左利きだからかなとちょっと思うくらいで、大して何も考えずに食べやすいように置き換えたりしていた。しかし、置き方が違う!この店の人はモノを知らない!などという発想に至ったことはない…。

ツイッターのコメントで、自分の家はちゃんとしていたから、幼児期から教え込まれてきたから、というものがあったが、なるほどウチの家庭は全くそのようなことは気にしない家庭であり、そもそもそんな料理数もなかったし、親から何かしつけられた記憶も全くない。

一方小学校とか、中学校とかの家庭科の教科書や資料集にのっていたのは今でも写真が浮かぶくらいに覚えているし、テストでも正解していたはずだ。ただ、そこでこのように配膳します、的なことがかかれていても、だから今日から必ずそれに従わなくてはいけないなどとは全く思っていなかったし、一通りではなくいくつかあるうちの一例、教科書に載せるに無難とされた例がのっていると思っていたように思う。料理店でもその店の人の考えや、地域性、作法の流派的なものもあって、合っているとか間違っているとかは決められないものという感覚でいた。大人になってからマナー本や食事作法なども度々目を通す機会はあるが、その感覚は変わっていない。

 

実際マナーというのは目安のようなものではないかと思う。汁物は右?だけど自分はどうしても袖が浸かってしまうので自分は左にしています、とか、この人はいつも並べなおして食べているから、はじめからその人の好みにあう配膳をするとか。

 

食べ物の話だけでなく、マナーにまつわる話題というのは、それを知らない人間に対する罵りと、知っている自分に鼻を高くしているらしき人々のコメントでおおよそ埋め尽くされているような印象がある。

 

マナーというのは、もともと人に対する思いやりから生まれた知恵のようなものではないのだろうか。毎度頭をひねって考えるのも気疲れするし、よかれと思ってしたことが相手には悪く思われてしまうなどのこともあるので、工夫を凝らし考えて、こうして決まったものを作りましょうというような。

 

それが今はマナーと言ったら、それと違う行動をしている人に対し、そんなことも知らないの?とか、親にちゃんとしつけられなかった可哀想な人、などといった、罵りの言葉を生み出す元となっていることのほうが多く目につく。

 

そもそも、他人が自分と違うやり方をしていたら、この人なりの理由があってしているとか、自分の思い至らないことまで考えてしているとか、そういう可能性もあると思うのだが…。

 

マナーに関する話題を見ると大抵このようなことになっているので、ノーベル賞の成り立ちというか、人の暮らしを豊かにするために作られたのに戦争に利用されてしまったダイナマイトなどのことを思い出し、マナーを発明したという人がいたらこの状態を見て悲しがったんじゃないかなと思ったりする。

 

他人に対しそんなふうに思ってしまうなら、自分は別に無知でいいと思うし、礼儀作法などがチャランポランな家庭でよかったと感じる。マナー、決まった様式というのがなければ、それに頼れなくなり、人は自分の頭で他人にどのように接するべきか、どのように接したいか、考えるようになるのでは。

 

 

 

 

某詐欺師のこと

先日書いた詐欺師のことを、私はこんなひどい人間もいるのかと、本当の悪のように想い、許せないと感じている。

私はあまり人に対してそのような事は思わないほうだ。考えが足りないような行動に対しても、別にそうした配慮に至る根拠となるものを、それまでの人生で得られるかは運のようなもので、自分の努力というより外的要因からのものだと感じる(自分の行動によって得たものであっても)ため、だからその人が悪いというような認識にはならない。

死刑囚を含め犯罪者に対しても、犯罪者とは犯罪者という被害者だという意識があるので、こんな奴死ねばいいとか、死刑になって当然とかはまず思わない。私は死刑反対派だ。もちろん、被害者の方は本当に、救われるべきだと思う。

犯罪を犯しても、それを償おうと頑張って生きているのはすばらしいことだし、極悪人のような人間と全く同じ人生を生きてきたら、どれだけの人が正気でいられるのだろうか。また、それでも自分はそうはならないと言い切れるのなら、それは遺伝子的な要因なのだろうから当人には責任はない。

 犯罪をしても、何か社会に伝えるようにもがいている人もいる。

 

また多くの非人道的な組織であってももう少し秩序くらいはあるものだろうと思う。

 

また、人に迷惑だけはかけてはいけない等言う人もいるが、私は迷惑くらいべつにいいと思っている。というか人に迷惑をかけるべきではないという人も迷惑くらい知らないうちに多少かけているものだ。自分だって人に迷惑くらいかけているんだから、他人の少しくらいの迷惑なんてお互い様だと思っていないと、あの人はどうたらとか言う人間になってしまう。しかし人を不幸にするのは別である。私はいじめは良くないと思っている。いじめられる原因が当人にあったとしても、だからいじめていい理由にはならない。人を好きなだけいじめておいて、たちの悪いいじめばかりしておいて、被害者意識だといって正当化しているのが自称聖人の某詐欺師さんである。

 

どうしてこの人物を許せないとまで言えるのかということは、まだここには公開していない、というかブログや文章では伝えきれないように思うが、私はここまでひどい人間を他に見聞きしたことがなかった。麻原に似ているかとも思うが、私は麻原についてあまり情報を持たないので何とも言えないところがある。

しかし私はこの人物について、死ねばいいと思っているわけではない。そうではなく、正されてほしいと思う。自分の間違い、過ちを認め、被害者の人々に謝罪し償い、まともに生きなおしてくれればと思う。そうすればこれ以上の被害者は出ないだろう。

しかし、私はこの人物が、そういうことが無理な人間だということをこれまで十分に見てきた。

たちの悪い人物で、人に対して「殺す」という脅しも平気でするような人間なので、実名をあげて批判すれば報復行動に出られかねないため、実名は出せずにいるが、この人物によってこれ以上、不幸になる人間、つらい思いをする人間、また洗脳され自由を奪われる人間も出ないでほしいと願っている。

 

今この詐欺師が活動を活発化させ、某掲示板でも自演スレがたてられていたりもしており、よい印象をもってしまう、もしかしていい人かもとか、すばらしい人たちだと誤解してしまう人が増えているので、ここを読んでいる方で思い当たるものがある方は、くれぐれも注意されてほしいと願う。

 

新元号の感想

元号は令和になったそうだ。初め見たとき、令の字は命令の令を連想した。というかたいていの人はそうなんじゃないかと思う。まあ、もっとまともな意味があるんだろうからと思い、意味の説明を待ったが、それを聞いて一巡色々と考えて、やっぱりこの元号は残念だと思った。

 

私は安倍総理が嫌いなので、まあ安倍らしいと感じる。

先ず「令」の字についてネット辞書(漢字源は後でみてみます、、、)で調べると、代表的な意味は「命令」の語で使われている意味、それに付随する意味である。4つ目くらいになってやっと「令嬢」などのように敬称としての意味がでてきた。

この「令和」の元号を見たとき、令の字の意味が、「本来の意味」「字源的な意味」や命令というような意味以外でも代表的な意味が他にあるなら、令でもいいだろうと思ったが、そういうわけでもないようだ。しかも字の成り立ちからして「人がひざまづく様子」を現した字なのだ。

 

万葉集の引用部分を見ても、あまり納得はできなかった。もちろん初めは強引に納得してみようとしたが…。

万葉集の引用部分だけを見てはっきりと「令月」の意味は解らなかった。専門家がこの令の意味は、何をするにも良いという意味なのだと、しっかりとした根拠があっていっているのだろうからそれはそうなのだろうが、素人があの文をみただけでは意味ははっきりしない。(なんというか、批判を集めてしまっているキラキラネームの由来、とかでありそうな決め方、みたいな印象)

推測したのは「令嬢」などと同じ敬称としての用法かと思ったが、どうも説明によるとそうでもないようであったため、少なくとも現代では相当にマイナーな用法であると思う。

 

元号という字を決める時、まず一般の国民が見てぱっと意味のイメージがわかる、そしてその字の一番一般的な意味が元号の文字としてふさわしいものであるべきだと思う。というかそういう文字であってほしかった。

一般の人がぱっとみて、いい意味が連想できる、そういう文字を採用すべきだったと思う。

むしろそういう無理やりな説明を聞かせて令の字をよいイメージにすり替える魂胆だったりするのだろうか、、、

 

また、令和の和という字のは普通に見て、平和の和、等を連想するいい意味が一般的だと思うが、「令」が合わさることによって、「和」ということのマイナスの一面が垣間見えてくるように感じる。

 

「令」という字は字の意味だけでなく、響きも「冷」「零」「霊」「隷」などを連想しあまり良い気がしない。

また、字の形も、書き文字になると、下の部分がマのような形になるのか、活字体の形なのか、どちらが正しいのかと迷う(どちらでもいいらしいが、そういう揺れのある字ということ)不安定な字だ。

 

しかも略字で使われるアルファベットはおそらくRなんだろうから、まあ皆がすぐに思いつくことだけどR指定のR,ということとか気にしちゃいますよね…。

 

そんなわけで、自分としては今回の新元号はとても残念でした。

まあひやひやしてたけど、やっぱりね…

 

 

私が被害にあった詐欺師の特徴

こんなのに普通騙されないだろ!と思うと思いますが、いろんな条件がそろってだまされてしまうこともあると思っていただければ、、、実際に社会的地位のある職に就いている人も騙されてたりしました。もし、ネット上でこういう人を見かけたら詐欺ですので、もしかしてホンモノかも?とかは思わないで速やかに立ち去る事をお勧めします。(いやむしろ晒して再起不能にしてあげるのが彼らにとってもいい気がしますが…)

 

・自分が天才だということや、天才と思わせるような様々な(嘘の)エピソードを取り巻きに言わせる。

・自分と取り巻きを”様”付けで呼ばせる。

・その詐欺師が主催する集団のメンバーのネット検索を禁止する。

・自分が執筆した、開発した等言っている事が実はネットからのパクリ。

・文章中に誤字脱字が異常に多く、文章構造、論理性も狂っている。そして、それはわざとである、と豪語する。

・文章の間違いなどを指摘する人に対し、真の意味を分かっていない、バカなのはそっち、ということにする。取り巻きに、それはわざとなんですよ、真の意味が分かればこの人が天才だってことがわかると思います。とか言わせる。(取り巻きもネット上以外で誰もあったことがなく自演説濃厚)

・多くの日本語や外来語などの単語、熟語などを間違って使っている。(取り巻き達も同様に間違えている)

・思想等が異常に幼稚である。

・意見等が、論理的におかしすぎる。

・モラルレベルが異常に低い。

・全く不十分すぎる単直な理由で人を疑い、ほぼ間違いない、かなり怪しいと言う。また、自分には見抜く力があるので間違いないという。

・幼稚園児でもしているような他者への配慮に異常に欠ける。

・自分たちの事しか考えていないことがわかりすぎる(酷い)行為を堂々と行い、だれから見ても正当な行いだと信じている。

・「は?(頭大丈夫?)」というような内容を「納得でしょ?」という語調で言ってくる。おかしいことを強引に通そうとしているというより、本当に納得でしょと思っているらしいことが多い。

・自分は超人格者であり、メディア等で出している悪そうな人格は演技である、本当の自分を知っている人は皆自分の事を大絶賛している。そうである。

・いじめ体質であるが、気に入らない人だけをいじめ、気に入った人にはちやほやするので悪事の隠れ蓑になっている。

・いっていることに一貫性がなさすぎる。でも自分は天才なので間違うわけがないのでこれでいいんですよと強引に通す。

・社会的に地位のある職についているとか、そのような資格、学歴等があると嘘をつく。

・物を売るとき金だけとって物品を何かと理由つけて何年も渡さない。自分は信頼を得ている人物なので文句言う人はいない、ということになっている。

・通常の人の力を超えた漫画並みの超能力を自在に扱える、という。

・取り巻きたちに、自分がどんなに素晴らしい人なのか(嘘、誇張)をことあるごとに語らせ、かかわった人(謙虚な人々)を騙していく。

・自分は非常に重要人物であり、自分に何かあったら世界において莫大な損失になるため、少しでも怪しい人物は疑ったり、その人の利益を多大に害してもよいということになっている。

・言っていることとやっていることが違い過ぎる。自己のモニタリングが全くできていないようだが自覚があるのか、わかっていて強引に通しているのかは謎。しかし持論の論理性のなさなどを考えると自己モニタリング力がない可能性も高い気が…。

・人が何か間違い等を指摘したり改善策等提案すると、取り巻き達が武勇伝など語りこの人にはそのような指摘等は不要(わざとなんですよ)ということを示しその話を終わりにする。そしてそのような指摘等しようという発想をすること自体、そう発想するあなた自身が見当違いなんですよ、的なことを言い、常人では理解の及ばない次元の人物なのだということにしている。

・おかしいことや間違い等について指摘すると、取り巻き達が「はぁ・・・・(呆れ)」という態度で、わからないあなたがバカなのでありこの人には遠く及ばない存在なんですよ、的な空気を醸す。

・どんなに頓珍漢な事も、常人には理解の及ばない崇高な意味があっていっているのだということになっていて、洗脳済みの周りの人も「それが理解できないか・・・ハァ」「わかる人にはわかるんだが、バカにはわからないか(わかっている自分たちはちょっと特別)」などの態度をとるようになる。

・自分たちではない人間の詐欺行為に対し過剰に反応し、攻撃撲滅しようとする。詐欺ではないことまで詐欺だと決めつけ攻撃する。そして武勇伝として語る。

・知識も思考力も全く欠けているのにその道の専門家よりも知識があると豪語。(日本で〇本の指に入る専門家だとか。でも言ってることは小学生以下の思考)

 ・そして「ボクの考えた〇〇論!」を得意げに披露し、取り巻きや洗脳済みの人に「すごいですね!」「目からうろこです!」「天才過ぎる!」などと言わせる。皆専門家ではないし、謙虚な人も多いので、多くの人は(おかしいけど自分が理解できないだけ?)とか(自分が知らないだけ?)と思ってしまう。

 

似たようなことも多くなってしまいすみません、、

まだまだありますが、とりあえずこの辺で一度切ってみます。

 

こういうおかしい人がいても、勝手にやっているのならいいのですが、まず「人を不幸にしすぎ」なのでその人の自由で済むことではなくなってるんですよね…。

まあ騙されるほうもどうかということかもしれませんが、騙されるような心理状態に追いやられたりとか、人間って思いもよらないところで突かれるもんだなと、そんな騙され方をしてしまうんです。

まともな人は皆離れています。洗脳済みで何とも思ってなさそうな人たちは、少しおかしいかなという人が多かったです。または、自分がよく扱われているので居心地がよくて居ついているのかなとしか考えられませんね…。すぐそこで人が不幸に追いやられているのに、平気な顔で加担していたりしました。

 

この詐欺師の被害者がこれ以上増えてほしくないので、ここに公開しました。

 

 

 

 

 

 

変わらなくていい

自己啓発のサイトなどでは何かやたらと自分を変えるということが書かれている。

進学塾だとか何らかのセミナーなどの席でさえ、講師がなぜかいきなり「あなたも自分を変えたいですよね!?」などと言ってくることがあり、それを言われたまじめな人は「自分っていうのは変えなきゃいけないものなのかな?」と思い「自分の中の変えるべきところ」を見つけようとする。

自分を変えろと言われると謙虚な人は、今の自分が十分ではないと思っているので、じゃあ自分の性格を、人と違う部分などをかえるべきなのかなと思い、たとえばおとなしい人などは、声のデカい体育系男子や飲み会で料理取り分け仕切り女子などにならなければならないと思ったりする。

また所属する組織や付き合いのある人間、社会に対し、よくないと思うようなことがあると、自分を変えろ派の人は、「周りに文句があるなら自分を変えろ!」と叫ぶ。

そういう人間だけがうまくやっていけるかのような世の中なので、気の弱い人や謙虚な人は、本来変えるべきような欠点がなくてもかわらなきゃいけないのだと思ったりする。

周りの人から良い扱いをしてもらえないのは自分が悪いからなんだと思い、変わろうとしたりする。

本来の愛されるべきその人のよい気質までも変えなくてはならないのだと思いこまされている人がいる。

犯罪などしてしまう人は、本来のその人の自我が押さえつけられているような場合が多いが、そこまで問題にならずも、本来の自分がダメなのだと思わなくてはいけないと思っているような自信がなく自分を変えなければいけないと思っているような人などは、本来変わる必要はないと言いたい。

周りが自分を認めてくれないのなら、認めてくれるような人のいる環境に、自分を大事にしてくれないのなら、大事にしてくれる人がいる環境に移るほうが良い。

本来の自分、大切にすべき自分を認め必要としてくれる人や環境の中にいるようにすればよいのであり、自分を変えるという乱暴な方法はとらないほうがいい。

 

余談かもしれないが、「周りに文句があるなら自分を変えろ!」と言ってくるような人はの中には、詐欺師や、どんな支離滅裂な事も強引に言い続ければ自分のいう事を聞かせられると思っているような人も混じっていることがある…。

 

自分を変えろと言われるが、周りがオカシイんじゃないのかな…でも誰も文句言ってないし…というようなケースは「本当はバカ」な権力者に周りが洗脳されているということもあり、当事者の方々は注意してほしいと思う…。

 

あとがき

文章が下手ですみません。数年間思想言論の自由が奪われていた環境にいたためだと思うのですが、昔ほど文章がかけなくなってしまいました。。まあもともとそんなにうまくはなかったですけど、、